【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「コービー・ブライアントに感謝を示したかった」

ロサンゼルス・レイカーズは現地1月31日、偉大なレジェンドであるコービー・ブライアント死去後初めてコートに立った。

この日のレイカーズは、ブライアントのジャージーやリストバンド、ヘッドバンドなどを着用。

ゲーム前にスピーチしたレブロン・ジェイムスによると、これはブライアントに感謝の意を表すためのものだったという。ジェイムスのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「俺たちの感謝を示すためのものだった。オーバーサイズのジャージーを着て、リストバンドをはめて、シューティングスリープをつけて、彼のシューズを履いた。感謝と、彼が俺たちに与えてくれた愛を示すためのものだった。俺たちはブラザーだ」

ジェイムスによると、ブライアント死去の報せを受けて以来ずっと心が思いという。

レイカーズはブレイザーズに敗れ、残念ながら天国のブライアントに勝利を贈ることはできなかった。

立ち直るまでまだ時間がかかるであろうが、ブライアントの意思を引き継ぎ、リーグの頂点を目指してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA