【スポンサーリンク】

デイミアン・リラードがポール・ジョージとパトリック・ビバリーとのビーフについて「事実で返しただけ」

デイミアン・リラードがポール・ジョージとパトリック・ビバリーとのビーフについて「事実で返しただけ」

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは先日のロサンゼルス・クリッパーズ戦でフリースロー2本を外した後、ポール・ジョージおよびパトリック・ビバリーとビーフを繰り広げた。

リラードが「僕は以前、パトリック・ビバリーをホームに送り返した。昨季のプレイオフではポール・ジョージを家に送り返した」とし、両者にクラッチショットを見舞ってきたとすると、彼らのビーフはさらに熱を帯び、リラードの妹とジョージの妻も巻き込む事態となっている。

だが、リラード自身はビーフではなく、あくまで事実を話しただけと考えている模様。

リラードはジョージおよびビバリーとのビーフについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

チームはトラッシュトークをするものさ。

だが、彼らが手をたたき始めたり、手を振ったりしてからは僕に対する嘲笑に変わったんだ。

そして僕はそのことについて質問された。

その時は僕に狙いが定められていた。

僕は事実で返しただけさ。

フリースロー2本を外したリラードはブレイザーズを勝利に導けなかったものの、次のフィラデルフィア・セブンティシクサーズでは51得点を記録し、クリッパーズ戦でのミスを感じさせないパフォーマンスを見せた。

クリッパーズとブレイザーズが次の対戦する可能性があるのはウェスタン・カンファレンスファイナル。

だが、ブレイザーズはプレイインゲームに出場して第8シードの座を獲得し、ファーストラウンドでNBAチャンピオン最有力候補のロサンゼルス・レイカーズを下さなければならない。

非常に困難な道と言えそうだが、実現すればこれまでにないほど激しいバトルを見せてくれるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA