【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「時間を賢く使うか否かは自分たち次第」

NBAファイナル常連チームだったゴールデンステイト・ウォリアーズは、今季をリーグワーストの成績で終えた。

オーランドのバブルにも参加できず、外から眺めているウォリアーズ。

ウォリアーズの他、シャーロット・ホーネッツ、シカゴ・ブルズ、ニューヨーク・ニックス、デトロイト・ピストンズ、アトランタ・ホークス、クリーブランド・キャバリアーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズがオーランドでのNBAシーズンに参加できなかったわけだが、ウォリアーズはこれらのチームと異なり、若手を中心に再建しているチームではない。

ステフィン・カリーによると、それはウォリアーズのロスターが物語っているという。カリーのコメントをNew York Timesが伝えている。

僕、クレイ(・トンプソン)、ドレイモンド(・グリーン)が経験してきたこと、僕たちがまだやれるということは、僕たちのロスターが物語っている。

ただ、この時間を賢く使うか否かは自分たち次第。

バブルにいるかいないかは関係なく、未知のテリトリーなんだ。

バブルに参加できなかったNBA8チームは、9カ月以上のオフを過ごすことになる。

この長い時間を無駄に過ごした場合、来季の成績にダイレクトに響くだろう。

だが、経験豊富なベテランを中心としたウォリアーズにぬかりはないようだ。

今季は不遇のシーズンだったが、来季はNBAチャンピオンに返り咲くパフォーマンスを期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA