【スポンサーリンク】

アルビン・ジェントリーHC「コーチじゃなくなるまでコーチ」

アルビン・ジェントリーHC「コーチじゃなくなるまでコーチ」

オールスタープレイヤーに成長したブランドン・イングラム、2019年NBAドラフト1位プレイヤーのザイオン・ウィリアムソン、ショットの精度を取り戻したロンゾ・ボール擁するニューオーリンズ・ペリカンズには、プレイオフ進出の期待がかかっていた。

だが、オーランドで結果を残すことができず、プレイインゲームにも参加できないことが決定。

最終日を終え次第オーランドを離れることになったが、この結果に伴い、ペリカンズは指揮官のアルビン・ジェントリーHCを解雇すると報じられている。

だが、これまで何度も解雇の噂が浮上していたということもあり、ジェントリーHCには免疫ができているのかもしれない。

ジェントリーHCは解雇の噂について次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

君たちには以前も話した。

私はそういったことを気にしたことはない。

私はコーチでなくなるまでコーチだ。

それに応じて行動する。

ペリカンズは昨年夏、フロントオフィスのメンバーを再編成した。

これに伴いジェントリーHCにも解雇の噂が浮上したが、今季も続投。

だが結果を残せなかったことにより、フロントオフィスが新たなコーチ探しを始める可能性は高いと言えそうだ。

なお、ペリカンズは現地11日のサクラメント・キングス戦でウィリアムソン、イングラム、ジュルー・ホリデーを出場させないことを発表した。

ウィリアムソンとイングラムは右膝の痛み、ホリデーは右肘の挫傷で欠場するというが、この件についてジェントリーHCはこう話している。

予防措置のようなものだ。

本当だよ。

我々はじっくり話し合い、今はそれが適切だということで一致したんだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA