【スポンサーリンク】

スタン・バン・ガンディがペリカンズのヘッドコーチ就任

NBAプレイオフ進出を逃したニューオーリンズ・ペリカンズは、シーズン終了後にヘッドコーチのアルビン・ジェントリーを解雇した。

その後、新たなヘッドコーチを探し、複数の人物が候補に挙がっていたが、ようやく決定した模様。

ESPNの記者によると、ペリカンズはスタン・バン・ガンディとヘッドコーチ契約に合意したという。

契約の詳細はまだ発表されていないものの、4年契約と報じられている。

デトロイト・ピストンズのヘッドコーチ兼バスケットボールオペレーション部門代表を務めていたバン・ガンディは、2018年にチームと決別。

その後はTNTのアナリストとして働いていた。

ザイオン・ウィリアムソンやブランドン・イングラム、ロンゾ・ボールといった若手有望株を揃えるピストンズペリカンズをどうコーチングしていくのか注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By さわ

    本文だけじゃなくてタイトルも修正してください。

  2. By 匿名

    ペリカンズね。

*

CAPTCHA