【スポンサーリンク】

ウィリー・コーリー・ステインがオプション破棄でFAに

ウィリー・コーリー・ステインがオプション破棄でFAに

昨季中のトレードでゴールデンステイト・ウォリアーズからダラス・マーベリックスに移籍したウィリー・コーリー・ステインが、新たな契約を求めてFAになることを検討している模様。

hoopsrumors.comによると、コーリー・ステインはNBA2020-21シーズンの229万ドルのプレイヤーオプションを破棄し、FAになる方向で考えているという。

コーリー・ステインは昨年夏、2年契約(2年目はプレイヤーオプション)でウォリアーズに移籍。

だが、シーズン中のトレードでマブスに移籍すると、出場時間は激減した。

コーリー・ステインはマブス以外のチームとの契約を望んでいると噂されているが、大型契約を勝ち取るのは難しいだろう。

来季は自身の力で出場機会を勝ち取り、NBAキャリアをステップアップさせたいところだ。

なお、コーリー・ステインのマブスでのスタッツとNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

マブス移籍後NBAキャリア
出場試合数13349
平均出場時間12.123.5
平均得点5.29.6
平均リバウンド4.66.3
平均アシスト0.81.6
平均スティール0.30.9
平均ブロックショット0.80.8
平均ターンオーバー0.41.0
FG成功率68.9%53.9%
フリースロー成功率55.6%61.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA