【スポンサーリンク】

ビクター・オラディポとカリス・レバートのトレードが成立

ビクター・オラディポとカリス・レバートのトレードが成立

インディアナ・ペイサーズとヒューストン・ロケッツの間でトレードが成立した模様。

The Athleticの記者によると、ブルックリン・ネッツとクリーブランド・キャバリアーズ、ヒューストン・ロケッツの3チーム間トレードにペイサーズが加わり、ペイサーズはロケッツからカリス・レバートとNBAドラフト2巡目指名権、キャッシュを獲得したという。

なお、レバートが先にロケッツに移籍し、そこでトレードが止まってたのは、レバートの身体検査で問題が見られたためと報じられている。

既報とは異なり、ペイサーズはNBAドラフト2巡目指名権とキャッシュも獲得することとなったが、これもレバートの身体検査に問題があったためだ。

また、このトレードには既報のジェイムス・ハーデン、オラディポ、レバート、ジャレット・アレンが含まれており、レバートの問題が解決したことでハーデンは晴れてネッツの一員となり、現地16日のオーランド・マジック戦に出場できることとなった。

一方、オラディポは他のNBAチームへの移籍を望んでいるというが、ロケッツが来年夏に完全FAになるオラディポをキープするのか、それとも3月の期限までにトレードで放出するのか注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA