【スポンサーリンク】

通算リバウンドでNBA歴代11位に浮上のドワイト・ハワード「どれほど大変か皆分かっていない」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのドワイト・ハワードが、キャリア通算リバウンド数でNBA歴代11位に浮上した。

だが、ラッセル・ウェストブルックのトリプルダブルやステフィン・カリーのスコアリングのほうに注目が集まり、ハワードの偉業に対するNBAファンの関心は薄い。

ゴールデンステイト・ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCは先日、ボックスアウトの重要性を強調し、今のNBA選手たちはボックスアウトをほとんど教わってこなかったと指摘。

ハワードの偉業が注目を浴びていないのも、一昔前のNBAと比較してビッグマンの役割が変わり、リバウンドに比重が置かれなくなってしまったからなのかもしれない。

このような状況を受け、ハワードは以下のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

これほど長くこのゲームをプレイすることができ、リバウンドでトップ11の選手になれたことは本当に素晴らしいことだ。

それがどれほど大変か、リバウンドを奪うことがどれほど大変か、偉大な選手たちのリストに加わるのがどれほど大変か。

人々は分かっていないんじゃないかな。

ハワードはロサンゼルス・レイカーズでプレイした昨季、NBAキャリアを通して初めてベンチ選手としての役割を受け入れた。

レイカーズのNBAタイトル獲得に大きく貢献し、今季はシクサーズをNBAタイトル獲得に導こうとしているハワード。

かつてのように日の目を浴びる機会は減ってしまったものの、NBAキャリアを終える頃には多くの人々がハワードの功績を称え、祝福することだろう。

なお、NBAの通算リバウンド数歴代トップ30選手は以下の通りとなっている。

順位選手名試合数リバウンド数
1ウィルト・チェンバレン104523924
2ビル・ラッセル96321620
3カリーム・アブドゥル・ジャバー156017440
4エルビン・ヘイズ130316279
5モーゼス・マローン132916212
6ティム・ダンカン139215091
7カール・マローン147614968
8ロバート・パリッシュ161114715
9ケビン・ガーネット146214662
10ネイト・サーモンド96414464
11ドワイト・ハワード117914250
12ウォルト・ベラミー104314241
13ウェス・アンセルド98413769
14アキーム・オラジュワン123813748
15シャキール・オニール120713099
16バック・ウィリアムス130713017
17ジェリー・ルーカス82912942
18ボブ・ペティット79212849
19チャールズ・バークレー107312546
20ディケンベ・ムトンボ119612359
21ポール・サイラス125412357
22チャールズ・オークリー128212205
23デニス・ロッドマン91111954
24ケビン・ウィリス142411901
25パトリック・ユーイング118311607
26ダーク・ノビツキー152211489
27エルジン・ベイラー84611463
28パウ・ガソル122611305
29ドルフ・シェイズ99611256
30ビル・ブリッジス92611054

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA