【スポンサーリンク】

ミシェル・ロバーツが未接種のNBA選手に対するサラリー没収報道を否定

ミシェル・ロバーツが未接種のNBA選手に対するサラリー没収報道を否定

NBAとNBPAは先日、接種が義務付けられている地域のチームの選手が接種を受けず、試合を欠場した場合、サラリーの一部を没収することで合意したと報じられた。

だが、サラリーが没収されることはないのかもしれない。

NBPA事務局長のミシェル・ロバーツによると、サラリーの没収合意報道はフェイクであり、NBAとNBPAはこの件に合意していないという。

ロバーツはサラリー没収合意報道について次のようにコメント。New York Daily Newsが伝えている。

未接種のために試合に出場できない選手に対し、サラリーを没収することで合意したと報じられた。

私たちは合意していない。

リーグの立ち位置としては、そうすることもできるということだ。

どうなるか見てみましょう。

リーグとしては、CBAがそれを認めているから同意は必要ないというものだ。

選手がプロトコルに違反した場合、罰則を与えることで合意しているが、それにはサラリーの負担が含まれている。

しかし、接種することを義務付けていないため、接種を受けないだけで処分の対象にすべきではない。

ロバーツによると、NBAと合意はしていないものの、すべてのNBA選手が接種することを望んでいるという。

また、ロバーツは今後数週間で未接種のNBA選手が10人程度まで減ると考えているとした。

なお、このルールが成立した場合、現時点で対象となるのはブルックリン・ネッツのカイリー・アービングただひとりだった。

今後はNBA側の対処に注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA