【スポンサーリンク】

NBAアナリストが考えるレイカーズ失敗の理由とは?

NBAアナリストが考えるレイカーズ失敗の理由とは?

昨年夏にラッセル・ウェストブルックやカーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードなどを獲得したロサンゼルス・レイカーズは、今頃NBAタイトル奪還を向けて調整しているはずだった。

だが、レギュラーシーズンが間もなく終わろうとしている今、レイカーズはプレイインゲーム出場権をかけて争っている状況だ。

今季開幕前の期待を考えると、レイカーズにとって今季は失敗のシーズンだったと言えるだろう。

では、なぜレイカーズは成功を収めることができずにいるのだろうか?

NBAアナリストのサム・ミッチェルによると、レイカーズの選手たちは短所を理解しないままプレイし続けているため、成功することができていないという。ミッチェルのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ベテランチームいうものは、欠点を理解しているものだ。

彼らは欠点を理解してプレイしていない。

ディフェンスのトランジションが悪いチームであることが分かっているのに、なぜバッドショットやロングショットを撃つんだ?

なぜディフェンスをセットせず、全員が前に出てつながらないんだ?

なぜオーバー・ザ・トップでシュートを撃たせるんだ?

君たちも知っての通り、1on1でディフェンスできないからだ。

良い1on1ディフェンダーがいない。

CJ・マッコラムとブランドン・イングラムがレイカーズを常に置き去りにしたのを君たちも見たよね?

レイカーズのベストディフェンダーはスタンリー・ジョンソンだ。

スタンリー・ジョンソンでは彼らを前で抑えることができない。

その彼が彼らのベストディフェンダーなんだ。

レイカーズがNBAチャンピオンになったシーズンは、NBAトップクラスのディフェンシブチームだった。

当時は強力なディフェンスからファストブレイクにつなげるスタイルだったが、ディフェンスで牽引したダニー・グリーンやアレックス・カルーソ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープはもういない。

しかし、レイカーズは今いるメンバーで戦わなければならない。

もはや勝算はなくなってしまったように思えるが、来季はディフェンシブチームとしての復活を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA