【スポンサーリンク】

ヒートのセカンドプランはドノバン・ミッチェル?

NBAタイトル獲得を逃したマイアミ・ヒートは、このオフシーズン中にロスターを調整すると見られている。

そのヒートが切望していると噂されているのは、ブルックリン・ネッツにトレードを要求したNBAオールスター、ケビン・デュラントだ。

だが、ネッツはおそらくジミー・バトラーもしくはバム・アデバヨをトレードに含めることを要求するだろう。

デュラントはバトラー、アデバヨ、カイル・ラウリーが揃っていないヒートに興味はないと噂されているため、もしバトラーもしくはアデバヨと引き換えにデュラントを獲得したとしても、近い将来デュラントを失ってしまう恐れがある。

そのため、ヒートはデュラントを獲得できなかった時のセカンドプランとして、NBA屈指のスコアラー獲得を狙っているのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ヒートはデュラントを獲得できなかった場合、ユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルにターゲットに切り替える可能性があるという。

ジャズは先日のトレードでNBAオールスタービッグマンのルディ・ゴベアを放出した。

これによりミッチェル中心のロスターを構築すると見られているものの、ジャズはミッチェルの親友のひとりであるロイス・オニールもトレードで放出。

また、ジャズがNBAドラフト指名権集めに奔走しているように見えることから、ミッチェルもトレードで放出し、本格再建に入る可能性もあると報じられている。

ミッチェルには以前からヒート移籍の噂が出ていただけに、トレードの可能性は充分あるのかもしれない。

まずはデュラントの動向に注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA