【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「ここ11~12試合の僕たちのプレイの事実が消えたわけではない」

メールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

レブロン・ジェイムス「ここ11~12試合の僕たちのプレイの事実が消えたわけではない」

ロサンゼルス・レイカーズは現地7日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦を制し、勝率5割まであと1勝とした。

この日のレイカーズは第4Q中に10点のリードを奪ったものの、クリッパーズに反撃を許し、ノーマン・パウエルが最後の3ポイントを外すまで勝敗の行方は分からなかった。

ジェイムスによると、パウエルが3ポイントを放った時はオーバータイムに突入することを考えていたという。

「ノーバン・パウエルの3ポイントをどんな気持ちで見ていた?」と質問されたジェイムスは、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

オーバータイムだ。

良いシュートだと思った。

僕たちは改善し続けなければならない。

この試合を糧にし、もう少し良いプレイをするように努力しなければならない。

僕たちのプレイはもっと良くなるだろう。

だが、ここ11~12試合の僕たちのプレイの事実が消えたわけではない。

https://www.youtube.com/watch?v=o-dsOhV9sB4

不振が続いているレイカーズにとって大きな勝利だった。

だが、ディフェンスでは一定の成果を残したものの、オフェンスとターンオーバーの問題については解決したわけではない。

レイカーズがクリッパーズ戦の勝利で自信を取り戻し、それが問題解決につながることを祈るばかりだ。

なお、この日のクリッパーズとレイカーズのチームスタッツは以下の通りとなっている。

LACLAL
PTS103106
TRB40
ORB:13
DRB:27
40
ORB:8
DRB:32
AST2123
STL129
BLK56
TO1419
FG%39.6%
(36/91)
51.2%
(42/82)
3P%37.8%
(14/37)
37.9%
(11/29)
FT%89.5%
(17/19)
68.8%
(11/16)

【スポンサーリンク】