【スポンサーリンク】

マイアミ・ヒートvsデトロイト・ピストンズ 10月11日結果

日本時間11日に行われたマイアミ・ヒート対デトロイト・ピストンズ戦は、ヒートが112-107で王者の貫禄を見せつけた。

この試合で活躍をみせたのは、先のプレシーズンゲームでもチームハイとなる得点を挙げたクリス・ボッシュ。
ボッシュはFG16本中12本を決め、ゲームハイの28得点を記録。
ヒートの“スリーキングス”にはふさわしくないと評価されることもあるが、今年は挽回なるか注目したい。

また、昨季は平均1.6得点に終わっているジェイムス・ジョーンズは、3P6本中4本を決める活躍をみせた。
先日のプレシーズンゲームでは出場していなかったマイケル・ビーズリーは、約9分間の出場で9得点を記録している。

なお、グレッグ・オデン、マリオ・チャルマーズは出場していない。

一方のピストンズは、ヒートの激しいディフェンスに苦戦。
24ものターンオーバー(ヒートは10)を犯し、ヒートに勝利を献上してしまった。

なお、右手親指を骨折したロドニー・スタッキーをはじめ、親知らずに苦しむブランドン・ジェニングス、そしてチャウンシー・ビラップスは欠場している。

ヒートvsピストンズ ハイライトムービー
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
マイアミ・ヒート 23 32 34 23 112
デトロイト・ピストンズ 19 27 33 28 107

マイアミ・ヒート スタッツ

先発メンバー

デトロイト・ピストンズ スタッツ

先発メンバー

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA