【スポンサーリンク】

ワシントン・ウィザーズvsオクラホマシティ・サンダー 11月11日結果

ワシントン・ウィザーズvsオクラホマシティ・サンダー 11月11日結果

日本時間11月11日に行われたワシントン・ウィザーズ対オクラホマシティ・サンダー戦は、オーバタイムの末にサ105-106でホームのサンダーが辛勝した。

この試合でひとつのターニングポイントとなったのが、ラッセル・ウェストブルックとネネの小競り合いだ。
第3Qで一触即発の状態となり、ダブルテクニカルファウルをコールされていた両選手は、ウィザーズが10点リードしていた第4Q残り3分29秒、再び小競り合いを起こし、ダブルテクニカルファウルのコールで両選手ともに退場。

これに発奮したのがサンダーだ。
残り1分10秒までに怒涛の攻撃を仕掛け、一気に1点差まで追い上げる。
ウィザーズもブラッドリー・ビールの得点で返すが、ウィザーズの3点リードで迎えた残り13.6秒、ケビン・デュラントが価千金の3Pを決め、ついに同点。
ウィザーズは勝ち越しショットをこの日好調なビールに託すも惜しくも決まらず、勝負はオーバータイムへ。

オーバータイムは一進一退の展開となったが、残り40.7秒、ファウルをもらったデュラントがフリースロー2本を落ち着いて沈め、サンダーが1点リード。

その後、互いにシュートを外し、迎えた残り4秒、ウィザーズはエースのジョン・ウォールがドライブから例カップショットを放つも決まらず。
ウォールはファウルをアピールしたが認められず、サンダーが接戦を制した。

33得点、13リバウンド、6アシストを挙げたデュラントは第4Qの猛攻を振り返り、
「あのラスト3分は、オクラホマシティに来てからベストなバスケットボールだったよ。俺らのプレイを誇りに思う。俺らはもっと良くならなきゃいけないんだけど、今日の試合はその糧になったね」
とコメント。

一方、惜しくも敗れたウィザーズだが、この試合でキャリアハイの34得点を記録したビールについてランディ・ウィットマンHCは、
「ブラッドリーがチームに来てからアグレッシブになった」
と称賛した。

1Q 2Q 3Q 4Q OT TOTAL
ワシントン・ウィザーズ 24 18 31 23 9 105
オクラホマシティ・サンダー 27 10 28 31 10 106

ワシントン・ウィザーズ スタッツ

先発メンバー

オクラホマシティ・サンダー スタッツ

先発メンバー
ウィザーズvsサンダー ハイライト
34得点を記録したB・ビール
33得点を記録したK・デュラント

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA