【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンの問題に警察は介入する?しない?

ドレイモンド・グリーンの問題に警察は介入する?しない?

NBAオールスターのドレイモンド・グリーンは先日、チームメイトのジョーダン・プールを「力強く」殴ったと報じられた。

その後グリーンがプールを殴った映像が流出し、グリーンを批判する声が強まっているが、中には今回の問題を「暴行事件」とし、警察による調査を求めているNBAファンもいる。

では、サンフランシスコ警察は今回の問題をどう見ているのだろうか?

clutchpoints.comによると、サンフランシスコ警察はウォリアーズの練習中に起こった問題について調査しておらず、この件にはまったく関与してないことを明かしたという。

ウォリアーズはグリーンに出場停止処分ではなく、罰金処分を科すと見られている。

だが、ウォリアーズはグリーンだけでなく、非公開練習の映像を流出させた人物にも対処しなければならない。

ウォリアーズは映像を流出させた人物を特定すべく、「あらゆる法的手段」を講じて調査しているというが、もしウォリアーズのスタッフであれば、解雇処分を化す可能性があると報じられている。

ウォリアーズはこの問題を内部で処理しようとしているため、詳細が明かされることはないだろう。

だが、原因が明らかにならない限り、さまざまな噂や憶測がつきまとうことになりそうだ。

なお、今回の問題を受け、「ウォリアーズはグリーンをトレードで放出すべき」、「プールはウォリアーズにいたくないと思っている。ウォリアーズにトレードを要求すべき」などといった声があがり始めている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA