【スポンサーリンク】

エリック・スポエストラHC「ジミー・バトラーを全ポジションでプレイさせたい」

エリック・スポエストラHC「ジミー・バトラーを全ポジションでプレイさせたい」

マイアミ・ヒートのNBAオールスター、ジミー・バトラーは、複数のポジションでプレイできる貴重な選手のひとりだ。

ヒートは4番のポジションが薄いため、今季はバトラーを4番でプレイさせることもあると見られているが、ヒートを指揮するエリック・スポエストラHCによると、いずれはバトラーを5番のポジションでもプレイさせたいという。

スポエストラHCはバトラーについて次のようにコメント。miamiherald.comが伝えている。

ジミーのキャリアのどこかの時点で、彼をすべてのポジションで先発させたいと思っている。

すでにポイントガードで先発させたことがある。

彼のナチュラルポジションである3番で先発させたこともある。

2番で先発させたこともある。

彼を4番でプレイさせたいのは間違いない。

今季は4番でプレイすることもあるだろう。

先発としてではないだろうがね。

ただ、今季であろうとそれ以降であろうと、どこかの時点で彼を4番で先発させることができたらと思う。

5番のポジションでもね。

そうすれば彼にとって偉大なレガシーになるだろう。

だが、ジミーは素晴らしいコンペティターであり、バスケットボール選手だ。

どのポジションで起用したとしても成功するだろうね。

彼の強みを活かすことが彼にとって、僕にとって、チームにとって重要なんだ。

ヒートは現地4日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズとのプレシーズンゲームでオメール・ユルトセブンを5番のポジションで、バム・アデバヨを4番のポジションで先発起用した。

バトラーは欠場したものの、もしユルトセブンを先発起用し続けるなら、この日3番のポジションで先発したケイレブ・マーティンのところにバトラーが入るだろう。

とはいえ、バトラーは今季もポジションレスでプレイするに違いない。

なお、バトラーの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数57690
平均出場時間33.933.1
平均得点21.417.7
平均リバウンド5.95.3
平均アシスト5.54.1
平均スティール1.61.6
平均ターンオーバー2.11.6
FG成功率48.0%46.0%
3P成功率23.3%32.1%
フリースロー成功率87.0%
(キャリアハイ)
84.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA