【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズvsゴールデンステイト・ウォリアーズ 12月22日結果

ロサンゼルス・レイカーズvsゴールデンステイト・ウォリアーズ 12月22日結果

日本時間12月22日に行われたロサンゼルス・レイカーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦は、83-102でホームのウォリアーズが圧勝した。

20日(金)の対サンアントニオ・スパーズ戦では、主力選手を温存させたスパーズに2点差で敗れていたウォリアーズ。
この試合でもなかなか序盤からペースを掴むことができず、前半を4点のリードで折り返す。

第3Qに入ると一転、レイカーズのプアショットにも助けられ、一気にリードを15点にまで広げると、第4Q終盤には主力をベンチに下げるという余裕の勝利を飾った。

12得点、20リバウンド、2ブロックショットを記録したアンドリュー・ボガットは、
「俺たちにとって重要な試合だったからね。勝たなきゃいけない試合だったから、勝てて良かったよ」
とコメント。

19得点、10リバウンドを挙げたデイビッド・リーは、
「サンアントニオでの試合のような負け方はしたくなかったからね。最後まで警戒を緩めずに戦えたよ。スパーズ戦では十分なパフォーマンスが見せられなかったけど、今日はみんなうまくプレイしてたんじゃないかな」
と振り返っている。

一方、パウ・ガソルが体調不良で欠場したレイカーズは、クリス・ケイマンを先発センターに起用。
レイカーズが先発選手の変更を余儀なくされるのは、これで今季12回目だ。

プレイメイカー不在のレイカーズがうまくボールを回せるはずもなく、チームアシスト数はわずか11(ウォリアーズは19)に終わった。

さらにターンオーバー24、今季最低のFG成功率32.5%、3%成功率20.0%と散々たる結果だったといえるだろう。

約38分の出場でフリースロー2本の2得点と精彩を欠いたウェズリー・ジョンソンは、
「ひどかった。前半はまだ勝負できてたんだけどね」
とコメント。

マイク・ダントーニHCは、
「彼ら(ウォリアーズ)は戦う姿勢を見せていたけど、我々にはそれが十分じゃなkった」
とだけ話し、苦しいチーム事情に肩を落としていた。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ロサンゼルス・レイカーズ 26 16 15 26 83
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 27 19 26 30 102

ロサンゼルス・レイカーズ スタッツ

先発メンバー

ゴールデンステイト・ウォリアーズ スタッツ

先発メンバー
レイカーズvsウォリアーズ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA