ジミー・バトラー スランプ脱出に自信を見せる

【スポンサーリンク】

ジミー・バトラー

ここ数週間、シカゴ・ブルズのジミー・バトラーは最悪の時を過ごした。

彼の体は痛みで悲鳴を上げ、得意のジャンパーは外れ、自信を失っていたという。

最近6試合ではFG成功率28%、3P成功率11%と極度の不振に喘いでいるのは間違いない。

「NBAキャリアの中でも最悪な時期だよ。間違いなくね。でも、今はバスケットボールを学んでる最中なんだ」

「ショットを打たなくてもできることはある。プレイしていくうちにショットも入るようになるさ」

バトラーはそう話し、再起に自信を見せている。

負傷で夏のトレーニングキャンプに参加できず、そしてレギュラーシーズン最初の1ヶ月を欠場したバトラーは、プレッシャーを感じているという。

ブルズのトム・ティボドーHCは、
「彼は立ち直るはずさ。ジミーはグッドプレイヤーなんだ。だから気にしてない。怪我のせいでいつもと違う時間を過ごしていたんだしね。彼はコツコツ努力しているよ」

「彼は我々のチームにとって非常に重要な選手。試合に出ていないときでも何をすべきか理解してるし、チームメイトやコーチ陣も彼のことを分かってるんだ。彼のショットは入るようになるよ」
とコメント。

負傷者が相次ぎながらも戦い抜いているブルズだが、プレイオフ進出はバトラーの再起にかかっているといっても過言ではない。

J・バトラー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA