【スポンサーリンク】

ジョン・ウォール「常に1位指名選手として見られる」

ジョン・ウォール

ドラフト1位指名でNBA入りを果たしたジョン・ウォールだが、これまで批判の矢面に立たされることも少なくなかった。

それは、ドラフト1位指名で入団したにもかかわらず、チームを勝利に導けなかったことに起因するのだろう。

だが、今季のウォールは変化を見せている。

「ドラフトで1位指名されたケンタッキー大のガキとして見られる。NBAで何かを成し遂げても、成し遂げられなくてもね。今回初めてオールスターに選ばれたけど、それだけじゃまだダメなんだ」

「俺のことを信用してくれてるコーチやチームメイトをリスペクトしてるよ。でも、プレイオフで勝たなきゃいけないんだ」

なお、ドラフト1位指名でNBA入りしたブレイク・グリフィン、デリック・ローズ、カイリー・アービングらは、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞しているが、ウォールは受賞していない。

これまでのウォールはジャンパーを苦手としていたが、今季は改善されている。

ウォール自身はさらなる高みを目指しており、FG成功率50%以上を目標にしているという。

まだ23歳のウォールは、これからますます成長していくだろう。

だがプレイオフに進出し、勝ち続けて初めてドラフト1位指名選手から脱却し、真のNBAスターになれるのかもしれない。

J・ウォール ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA