【スポンサーリンク】

ジードルナス・イルガスカス 背番号11の永久欠番セレモニーが開催

かつてクリーヴランド・キャバリアーズでプレイしていたジードルナス・イルガスカスだが、日本時間9日、背番号「11」の永久欠番セレモニーが開催された。

対ニューヨーク・ニックス戦のハーフタイム中に行われたセレモニーでは、イルガスカスがファンに向けてスピーチ。

感謝の言葉を述べた。

このセレモニーには、キャブスでチームメイトとしてプレイしていたレブロン・ジェイムスも参加している。

キャブスで永久欠番となるのは、イルガスカスが7人目。

これまでにはオースティン・カー、ブラッド・ドアティ、ラリー・ナンス、マーク・プライス、ビンゴ・スミス、ネイト・サーモンドの背番号がキャブスの永久欠番に掲げられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA