【スポンサーリンク】

ニックス 王者ヒートの後を辿れるか?

カーメロ・アンソニー

フィル・ジャクソン氏がニューヨーク・ニックスのフロント陣に加わった際、やらなければならないことが数多くある。

そのひとつがエリート選手をチームに引き入れることだ。

これは、どの課題より優先して行われるべきだろう。

短期的ではなく、長期的に強いチームを作っていくためにも、ニックスの文化を変えていく必要もある。

それには長期の展望を視野に入れたヘッドコーチを加えることも重要だ。

ニックスの現GMは、次のようにコメント。

「フィルはニックの勝利に貢献してくれるだろう。だが、大物FA選手は勝てると感じたチームに行きたいの考えるものだ。フィルはまずそれをしなければならない」

2010年夏、マイアミ・ヒートはレブロン・ジェイムスとクリス・ボッシュを獲得した。

それまでのヒートはパット・ライリー氏はヘッドコーチを務め、ドウェイン・ウェイドを中心としたチーム作りで2006年にはNBAタイトルを獲得。
NBAでも有数の強豪チームとなっていた。

だからこそ、ジェイムスとボッシュはヒートへの移籍を決断したのだろう。

そして、ライリー氏はヒートのフロントオフィスで手腕を振るい続けている。

ライリー氏なしで今のヒートはあり得なかったのかもしれないのだ。

ジャクソン氏のニックス入閣後、まずはカーメロ・アンソニーの残留に尽力するのか、それとも他の大物FA選手の獲得に注力するのか注目したい。

ニックス 2014プレビュー動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA