【スポンサーリンク】

シャキール・オニール 暴行の嫌疑で調査中か

シャキール・オニール

NBAで一世を風靡したモンスター、シャックことシャキール・オニールに暴行の嫌疑がかけられ、アトランタ警察が調査を進めていると報じられた。

事件が起きたのは昨年5月9日、TNTのNBAアナリストとしてスタジオを訪れていたオニールは、同じくスタジオを訪れていたロバート・ウィリアムズ氏に暴行を加えたという。

ウィリアムズ氏は警察に対して次のように話しているようだ。

「部屋から出るとシャキール・オニールは私にタックルし、殴りかかってきたんだ。その時に首と背中を痛めた」

44歳のウィリアムズ氏は事件の後に病院で治療を受けたというが、レポーターのグレッグ・ライオン氏によると、当時のウィリアムズ氏は重傷だったとされている。

「どれくらいひどかったのかは知らないが、彼(ウィリアムズ氏)の背中の怪我は重傷だったと聞いてる」
ライオン氏はそう話している。

オニール氏は起訴されていないようだが、今後のアクションに注目したいところだ。

S・オニール ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA