【スポンサーリンク】

マジック・ジョンソン「ロブ・ペリンカと連覇を誓った」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスはチームをNBAチャンピオンに導いた後、ロッカールームでアンソニー・デイビスに「まだやらなければならない仕事がある」と伝えたという。

つまり、すでに連覇を意識していると言えるだろう。

その意識はレイカーズのフロントオフィスも共有しているのかもしれない。

昨季中にバスケットボール・オペレーション部門代表の座を退いたマジック・ジョンソンによると、ゼネラルマネージャーのロブ・ペリンカと連絡を取り、連覇を誓ったという。ジョンソンのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

私が去った時、物事は過去のものとなった。

だが、私は今もレイカーだし、何も変わっていない。

ジーニー(・バス)と私が持っている愛は常にそこにある。

それも変わっていない。

私は常にレイカーズに尽くしたいと思っている。

だからレイカーズが再びNBAチャンピオンになるのを助けるため、私にできることならどんなことでもするよ。

ロブと私はこの状況を乗り越えることができたし、今はうまくいっている。

僕たちは友達さ。

昨夜は連覇について話をしたんだ。

レイカーズはフランチャイズ17度目となるNBAタイトルを獲得。

これにより、ボストン・セルティックスと並んでNBA史上最多優勝回数を誇るチームとなった。

来季もNBAチャンピオンになれば、レイカーズはNBA史上最多優勝回数を誇る唯一のチームとなる。

まずはFAになる選手たちにどう対処するかに注目が集まるが、フロントオフィスはオフシーズン中も忙しく働くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA