【スポンサーリンク】

コービー・ブライアント ロードマネジメントは「クレイジー」

近年のNBAでは、プレイできる状態であるにも関わらずロードゲームでスタープレイヤーを休ませる傾向が見られる。

いわゆる「ロードマネジメント」と呼ばれるものだ。

ロードマネジメントはスタープレイヤーの怪我防止につながる他、他のプレイヤーたちにとってはステップアップのチャンスともなるであろう。

だが、レジェンドのコービー・ブライアントはチケットを購入したファンを最優先する考えを持っている。

ブライアントはロードマネジメントについて次のように言及。fadeawayworld.netが伝えている。

「(ロードマネジメントは)クレイジーだよね。君たちのパフォーマンスを見るために、懸命に働いて金を稼ぎ、チケットを購入してくれた人たちが大勢いる。毎晩準備し、パフォーマンスできるレベルにすることが君たちの仕事だ。競技者として、バカげてるよね」

ロードマネジメントについては賛否両論ある。

スタープレイヤーの健康を保ち、プレイオフを万全な状態で戦いたいのであれば、ロードマネジメントはこれからも続くであろう。

ファンとしてはスタープレイヤーのパフォーマンスを毎晩見たいところではあるが、この問題は今後も平行線をたどることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA