ネッツとピストンズ ジョー・ジョンソンとブランドン・ジェニングスのトレードを協議か!?

【スポンサーリンク】

ジョー・ジョンソン&ブランドン・ジェニングス

トレード期限が目前に迫る中、ブルックリン・ネッツとデトロイト・ピストンズがトレードの協議を行っている模様。ESPNが伝えている。

ESPNによると、ピストンズはジョー・ジョンソンを獲得するため、ネッツにトレードを打診したという。

ピストンズがトレード要員としてピックアップしたのは、ブランドン・ジェニングス、ジョナス・ジェレブコ、カロン・バトラー、ジョエル・アンソニーもしくはルイジ・ダトメだ。

ネッツがこのトレードを成立させるためには、複数の選手をトレードに含める、もしくは解雇が必要となる。

ESPNはジェローム・ジョーダン、ダリアス・モリス、マーケル・ブラウン、コリー・ジェファーソンのうちいずれかの選手をトレード、もしくは解雇する可能性があると伝えている。

とは言え、ピストンズにジョンソンを獲得する必要があるのかは、疑問が残るところだ。

なお、ジョンソンにはシャーロット・ホーネッツも興味を示していると噂されている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    確かにデトロイトにジョジョが必要かと言われると?ですね(・ω・)ノ
    ジェニングスはジェニングスでアキレス腱やっちゃいましたからね…(・ω・)ノ
    本当にこれからチームも個人としても波に乗ろうとしてたときに大怪我したのでジェニングスやデトロイトファンじゃなくても哀しい気持ちになりますね(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ジェニングスの離脱は本当に痛いですよね・・・
      個人的にはスコアラーよりユーティリティプレイヤーが欲しいなと思ってます!

*

CAPTCHA