【スポンサーリンク】

リーグ最高のポイントガードを目指すレジー・ジャクソン

レジー・ジャクソン

今季終了後、デトロイト・ピストンズのレジー・ジャクソンは制限付きFAとなる。

スタン・バン・ガンディHCはジャクソンの才能を信じ、チーム残留を希望しているようだが、ジャクソン本人もバン・ガンディHCを高く評価し、ピストンズ残留を願っているようだ。

ジャクソンはバン・ガンディHCの下でプレイすることにより、リーグ最高のポイントガードへの道が開けると考えている模様。ジャクソンのコメントをPistons.comが伝えている。

 

「彼(バン・ガンディHC)のバスケットボールマインドは素晴らしい。試合中に何が起こっているのか彼は把握してるし、有利に進める方法を知ってる。彼は俺の試合を成長させてくれると思うし、リーグ最高のポイントガードの一人となる旅をサポートしてくれるだろうね」

オクラホマシティ・サンダー時代はラッセル・ウェストブルックの影に隠れてしまったジャクソンだが、現在はより多くの出場時間を与えられている。

だが、それはジェニングスが離脱している影響が大きい。

先発ポイントガードの座を求めてピストンズへトレード移籍したものの、ブランドン・ジェニングスが復帰する来季はおそらくベンチ起用に戻されてしまうだろう。

そのジャクソンは、ケンタビアス・カルドウェル・ポープとのバックコートコンビにも自信を持っている模様。

 

「リーグ最高のバックコートのひとつになりたいって俺らは思ってるんだ。俺らの道はこれからも続いていく。まだ若いし、そのチャンスはあるからね」

24歳のジャクソンと22歳のカルドウェル・ポープは、確かに爆発力のあるオフェンシブ・バックコートだ。

だが、二人の前にはステファン・カリーとクレイ・トンプソン、ジョン・ウォールとブラッドリー・ビールなどといった強力なバックコート陣が立ちはだかっている。

ジャクソンがリーグベストのポイントガードへ、ベストのバックコートへと成長する日はくるのか、これからも注目したい。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By アイウエオ

    サンダーでウェストブルックを越える為に目標として頑張ってたほうがウェストブルックレベルを超えられたんじゃないかな~

    活躍できるとこ行ってもレベルを比較するともったいないな~と思いますが。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      サンダーではロッカールームの問題がありましたからね・・・
      ずっとサンダーにいるのも辛かったのかもしれません。

*

CAPTCHA