ドウェイン・ウェイド ジャスティス・ウィンスローにポストプレイを指導

【スポンサーリンク】

このオフにマイアミ・ヒートと再契約を結んだドウェイン・ウェイドは、来年1月で34歳になる。

ヒートでは長老の部類に入るウェイドだが、これまでのキャリアを若手プレイヤーらに伝えるため、師としての存在感を発揮しているようだ。

the Palm Beach Postによると、ウェイドはヒート期待のルーキー、ジャスティス・ウィンスローにポストプレイを指導している模様。ウェイドはウィンスローへの指導について次のように話している。

「彼(ウィンスロー)のキャリアが熟するにつれて、コートでたくさんのプレイをできるようになってもらいたいよね。だけど、今はエリック・スポエストラHCが彼に求めている決まったことがある。そのうちのいくつかは俺が得意なプレイなんだ」

「そのプレイにおいて俺には強さがあるし、ステップアップするであろうヤツにその知識を伝えてるだけ。時間はかかるだろうね。だけど、彼が21歳(現在は19歳)までにそれを習得することができれば、彼は時代の先端を行くことになると思う。俺なんて27歳くらいの時に習得したんだから」

「彼が良い生徒であり、本当に学びたいと思ってるなら、そのエリアについて俺はちゃんとした先生になると思うよ」

2015-16シーズンはロールプレイヤーとしての役割が期待されるウィンスローだが、ヒートの新たなロスターには厚みがあり、出場機会を得るのは簡単ではない。

偉大な師から学び、一歩一歩前進していくことで、信頼を勝ち得ていくことが第一目標となるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA