ダミアン・リラード「ヒーローになるつもりはない」

【スポンサーリンク】

ラマーカス・オルドリッジをはじめ、ウェズリー・マシューズ、ロビン・ロペス、ニコラス・バトゥームら主力選手を失ったポートランド・トレイルブレイザーズは、これから本格的な再建期に入る。

その中心となるのが、キャリア4年目を迎えるポイントガード、ダミアン・リラードだ。

フランチャイズプレイヤーとしてブレイザーズを牽引する重要な役割が与えられたリラードだが、自身がリーダーの役割を果たすのではなく、チーム全体がリーダーとしての考えを持って再建を進めていくようだ。リラードのコメントをnbcsports.comが伝えた。

「リーダーシップの話にはそんなに興味がないんだ。俺らがやってることは、集団を基盤にすること。ヒーローになるつもりはないよ」

そう話すリラードは、この夏に5年1億2000万ドルのマックス契約にサインした。

それゆえに、オールスターポイントガードには必然的にリーダーの役割が課せられることになるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By lakerファン

    フランチャイズプレイヤーとしてその言い方は無いんじゃない!?て思ってしまいますね。
    MAX契約しといてちょっと残念です。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      個人的には「チーム全員がリーダーであり、ヒーロー」ということを言いたかったのかなと思ってます(^_^;)

      ただ、やっぱりリラードにはいろいろ求められますよね!

*

CAPTCHA