グレッグ・ポポビッチHC「スポーツは退屈」

【PR】

サンアントニオ・スパーズの名将、グレッグ・ポポビッチHCにとって何より大切なのは、ワインとディナーなのかもしれない。

先日のニューヨーク・ニックス戦前日、ポポビッチHCらは敵地に乗り込み、戦いに備えていた。

ニックス戦の前日といえば、MLBワールドシリーズのカンザスシティ・ロイヤルズ対ニューヨーク・メッツの試合が開催され、ニューヨークは大いに沸いていたが、ポポビッチHCにとってはどうでも良いことだったようだ。

ワールドシリーズについて質問されたポポビッチHCは、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「もし(ワールドシリーズが)夜に行われたなら、その時間はディナータイムだよね。ベースボールじゃなく、フットボールじゃなく、ディナーとワイン。スポーツは退屈だよ」

「まじめに言ってるんだ。おかしなヤツと思われるだろうがね。ディナーに出掛け、友人らとリラックスして楽しむことができるのに、なんで私がベースボールの試合を見たいんだい?」

ヘッドコーチの仕事は激務と言われており、ポポビッチHCはアシスタントコーチ時代も含めると1988年以来コーチ職(1994-96はスパーズのGM)を続けている。

それだけに、リラックスできる時間はかけがえのないものなのだろう。

ヘッドコーチ職続行を決断したポポビッチHCが余生を楽しめるのは、まだまだ先のこととなりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無しのPHOファン

    バスケ以外興味無いみたいな感じなのかな、まあそれだからチームスタイルを変えてなおリーグのトップに立てるのも納得いくわ。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      冗談交じりだとは思いますけど、徹底ぶりはすごいですよね!

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読