キャブス ジャレッド・ダドリーのトレード獲得を検討か?

【スポンサーリンク】

先日、クリーヴランド・キャバリアーズがウィングポジションの選手補強を検討していると伝えられた。

現在でもその考えは変わっておらず、ESPN Clevelandによると、キャブスはワシントン・ウィザーズのジャレッド・ダドリーのトレード獲得を検討しているという。

アウトサイドショットに長け、ディフェンス能力もある選手を求めているキャブスだが、ダドリーをトレードで獲得するためにはウィザーズを納得させるだけの交換条件を提示しなければならないだろう。

現時点ではティモフェイ・モズコフにトレードの噂が出ているものの、ウィザーズにはマーチン・ゴータットとネネというインサイドプレイヤーがすでにおり、モズコフのトレード獲得に興味を示すとは考えにくい。

打倒ゴールデンステイト・ウォリアーズへ向け、キャブスはどう動くのだろうか?

デイビッド・ブラットHCを電撃解任した経緯があるだけに、何らかのサプライズがあるかもしれない。

なお、現在30歳のダドリーは今季、46試合に出場し、平均28.6分のプレイで8.8得点、3.8リバウンド、2.1アシスト、1.0スティール、FG成功率48.0%、3P成功率45.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA