移籍噂のケビン・デュラント「ただプレイすることを楽しみたい」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーのケビン・デュラントは、今年の夏にFAとなる。

これまでゴールデンステイト・ウォリアーズを筆頭に、ワシントン・ウィザーズやボストン・セルティックス、サンアントニオ・スパーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、ニューヨーク・ニックス移籍の噂が浮上していたが、現時点ではサンダーと再契約する可能性が高いと見るべきかもしれない。

デュラントはここ最近におけるFA市場の噂について次のように言及。Bloomburg Marketsが伝えている。

「これまで素晴らしい時間を過ごしてきた。この都市(オクラホマシティ)を愛してる。オクラホマシティにいる間、俺は求めるすべてを得てきたんだ。それは問題じゃない。バスケットボールのゲームをプレイするのを楽しむだけさ」

「俺はバスケットボールをプレイする。子供の頃、俺が市場で価値ある選手になるなんて、これほどシューズが売れるなんて思ってもいなかった。純粋に楽しむためにバスケットボールをしてきた。これからもそうしていきたい。俺にとってバスケットボールがすべてなんだ」

「俺は十分幸せだよ。一生懸命働けば、欲しいだけの金を稼ぐこともできる。でも、家族を養うだけの金は稼いだ。つまりね、毎日素晴らしい人たちとプレイを楽しみ、素晴らしい人たちに囲まれて過ごすことがすべてなんだ。俺にとってそれが何より重要なことなのさ」

何か心境の変化があったのだろうか?

オクラホマシティを愛してるとしながらも、バスケットボールをより楽しむために他チームでプレイする可能性があるとも捉えることができる。

デュラントが残留を決断するか、それとも他チームとの契約を決断するか、すべてはプレイオフの結果にかかっているのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA