カーメロ・アンソニー「システムのマスターには共に長期間プレイすることが必要」

【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスは、今季もプレイオフ進出という目標を達成することができなかった。

ニックスがプレイオフ進出を逃すのは、これで3シーズン連続だ。

今季はロスターの大幅変更やデレック・フィッシャーの解雇など大きな動きも見られたニックスだが、エースのカーメロ・アンソニーがニックスに移籍して以来、アンソニーは70人以上のチームメイトとプレイし、4人のヘッドコーチに指導されたという。

毎年のようにロスターやヘッドコーチが変わる現状について、アンソニーは次のようにコメント。New York Daily Newsが伝えている。

「もっとも重要なのは、一貫性を保つということ。一定期間ともにプレイし、ロスターを毎年入れ替えないことなんだ」

「チームとして、組織として確立することができれば、俺らは前進するだろう。選手たちは自信を持ち、気持ち良くプレイできるようになる。チームとしてもね。ここに来て数カ月でシステムを学べるとは俺は思わない。俺らがシステムをマスターするには、ともに長期間プレイすることが必要なんだ」

アンソニーにはトレードの噂も浮上しているが、おそらく来季もニックスでプレイすることになるだろう。

また、フィル・ジャクソン球団社長はカート・ランビス臨時HCに複数年契約をオファーすると見られており、チームの核は来季も残留すると予想されている。

ルーキーのクリスタプス・ポルジンギスも経験を積み、来季はさらなる飛躍を遂げてくれるに違いない。

2016-17シーズンを復活の年とできるかどうか、ニックスに注目が集まる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA