アンドリュー・ウィギンス カール・アンソニー・タウンズとのコンビについて「完璧にフィット」

【スポンサーリンク】

名将トム・ティボドーを新たにヘッドコーチに迎えたミネソタ・ティンバーウルブズには、2004年以来となるプレイオフ進出の期待がかかっている。

そのウルブズを牽引するのは、アンドリュー・ウィギンスとカール・アンソニー・タウンズという2人のルーキー・オブ・ザ・イヤープレイヤーだろう。

2人のケミストリーがウルブズの核となるのは間違いないだろうが、ウィギンスはタウンズとのコンビネーションに自信を持っている模様。ウィギンスのコメントをSi.comが伝えている。

「俺たちは完璧にフィットする。互いのゲームを理解してるし、昨季の全試合を通してポテンシャルが高まっていったんだ」

このオフシーズンはトレーニングに時間を費やしたというウィギンスは、ボールハンドリングとロングレンジショットに磨きをかけ、オフェンスのさらなるレベルアップに取り組んだという。

「トレーニングを続けてきた。この夏は主にハンドリングとショットのトレーニングに取り組んだけど、3Pショットのトレーニングもしたよ」

「昨季はどんなチームが相手でも勝てたと思う。今季はもっと安定しないと。俺たちならプレイオフに進出できる。簡単なことじゃないし、取り組み続けなければならない。コーチが俺たちをそうさせてくれるだろうね」

ウィギンスとタウンズのケミストリーが完璧に仕上がったなら、ウルブズは台風の目となり得るチームとなるだろう。

ザック・ラビーンやクリス・ダンなど若手有望株を豊富に擁するウルブズは、12年ぶりとなるプレイオフ進出を果たせるだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA