ドレイモンド・グリーン「74勝、75勝はあげたくない」

【スポンサーリンク】

リーグトップクラスのスコアラーであるケビン・デュラントを獲得したことにより、ゴールデンステイト・ウォリアーズのスコアリング能力は飛躍的にアップした。

だが、あくまで机上の論であり、ボールポゼッションやケミストリーなど不確定要素もある。

とはいえ、多くのウォリアーズファンは昨季のレギュラーシーズン73勝という偉大な記録更新を期待しているだろう。

しかし、この夏にデュラントと共にリオオリンピックに出場し、金メダル獲得に貢献したドレイモンド・グリーンは、記録更新を意識していないようだ。グリーンのコメントをsports.yahoo.comが伝えている。

「率直に話すとね、74勝、75勝はあげたくないんだ。それを期待するのは酷ってものさ」

そう話すグリーンだが、昨季は開幕24連勝を記録し、歴史的なレギュラーシーズンを送っただけに、期待せざるを得ない。

一方のデュラントは、あくまで自身のスタイルを貫き通すとしている。

「俺が俺であることを証明する。これまで通りのゲームアプローチをしていくつもりさ。俺は何も変わってない。ジャージーを除いてね」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA