ティアゴ・スプリッター ハムストリングの負傷で4週間の離脱

【スポンサーリンク】

アトランタ・ホークスのバックアップセンター、ティアゴ・スプリッターが、開幕戦欠場を余儀なくされる模様。

ホークスによると、スプリッターはチーム練習中にハムストリングにグレード2の負傷を負い、少なくとも4週間は離脱する見込みだという。

これにより、スプリッターは少なくとも開幕3試合を欠場することになる。

今年2月に腰を手術し、安定して出場できていないスプリッター。

ホークスはこの夏にセンターのドワイト・ハワードを獲得するも、ハワードは怪我が多いプレイヤーであるため、スプリッターのサポートは欠かせないだろう。

なお、スプリッターの契約は2016-17シーズン終了後に満了となる。

昨季のスプリッターはホークスでレギュラーシーズン36試合に出場し、平均16.1分のプレイで5.6得点、3.3リバウンド、0.8アシスト、FG成功率52.3%、フリースロー成功率81.3%を記録。

キャリア6年ではサンアントニオ・スパーズとホークスで通算347試合に出場し、平均19.4分のプレイで8.0得点、5.1リバウンド、1.2アシスト、FG成功率55.7%、フリースロー成功率69.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA