ウィザーズのイアン・マヒンミ 膝の手術で4~6週間離脱へ

【PR】

この夏にワシントン・ウィザーズと4年契約を結んだセンターのイアン・マヒンミが、しばらく離脱することになった模様。

ウィザーズによると、マヒンミは先日行われたフィラデルフィア・セブンティシクサーズとのプレシーズンゲームで左膝内側の半月板を一部断裂したという。

マヒンミは手術を受ける見込みであり、4~6週間は離脱する予定だ。

マーチン・ゴータットのバックアップセンターとして起用される見込みのマヒンミだが、復帰までジェイソン・スミスとアンドリュー・ニコルソンなどのビッグマンがバックアップセンターとして起用されることになるだろう。

なお、昨季のマヒンミはインディアナ・ペイサーズでレギュラシーズン71試合に出場し、平均25.6分のプレイで9.3得点(キャリアハイ)、7.1リバウンド(キャリアハイ)、1.5アシスト(キャリアハイ)、1.1ブロックショット(キャリアハイ)、FG成功率58.9%、フリースロー成功率58.7%を記録。

キャリア8年を通してサンアントニオ・スパーズ、ダラス・マーベリックス、ペイサーズで通算438試合に出場し、平均16.8分のプレイで5.1得点、4.3リバウンド、0.5アシスト、0.7ブロックショット、FG成功率53.6%、フリースロー成功率59.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読