ピストンズのレジー・ブロック 左膝半月板の手術で2~4カ月離脱へ

【PR】

デトロイト・ピストンズのレジー・ブロックが左膝の半月板を断裂し、手術を受けることが決まった模様。

The Verticalによると、ブロックはこの負傷により2~4カ月の離脱を余儀なくされるという。

ブロックが日本時間11月24日に行われたマイアミ・ヒート戦で負傷。

今季は背中の負傷で出遅れ、11月18日に復帰したばかりだった。

先発起用はされていないものの、ケンタビアス・コールドウェル・ポープにはより多くの出場時間が与えられることになるだろう。

なお、今季のブロックは4試合に出場し、平均10.5分のプレイで4.0得点、1.3リバウンド、FG成功率43.8%、3P成功率28.6%を記録。

キャリアを通してロサンゼルス・クリッパーズ、フェニックス・サンズ、ピストンズで通算120試合に出場し、平均10.0分のプレイで2.7得点、1.5リバウンド、FG成功率38.4%、3P成功率34.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読