【スポンサーリンク】

ブランドン・ジェニングス「一貫性がない」

デリック・ローズやジョアキム・ノア、コートニー・リー、ブランドン・ジェニングスを新たに加え、プレイオフ復帰が期待されるニューヨーク・ニックスは、ここまで18勝24敗、イースタン・カンファレンス11位と苦しい状況に置かれている。

プレイヤーたちは現状に強い不満を感じ、カーメロ・アンソニーやローズはフロント批判とも捉えられかねない発言をし、現場とフロントの団結力が失われているようにも感じられるが、ブランドン・ジェニングスもそれに続いた模様。

ジェニングスはジェフ・ホーナセックHCの起用法について次のように指摘。the New York Postが伝えている。

「毎日何か新しいことがある。いつプレイすることになるのかまったく分からないから、準備をしておかなければならない。ここ(会場)に来た時、何が起きてるのか本当に分からないんだ。一貫性が失われてるんじゃないかな。タフだよ」

「俺は苦しんでる。難しいんだ。何が起きてるのか知らないからね」

先日のアトランタ・ホークス戦で、ホーナセックHCはリーをベンチ起用とし、先発にルーキーのロン・ベイカーを指名した。

また、クリスタプス・ポルジンギスをセンターのポジションで起用するとの噂も出ており、ホーナセックHC自身も悩んでいるように思える。

プレイオフレースに復帰するためにも、フロントと現場の一体感を取り戻したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA