ピストンズ レジー・ジャクソンとアンドレ・ドラモンドをトレード?

【PR】

2015-16シーズンは2008-09シーズン以来となるプレイオフ進出を果たしたデトロイト・ピストンズだったが、2016-17シーズンは37勝45敗(勝率45.1%)に終わり、プレイオフ進出を逃した。

この事実が、ピストンズの再建を加速させるかもしれない。

Basketball Insidersによると、ピストンズはチームの主力であるポイントガードのレジー・ジャクソン、およびセンターのアンドレ・ドラモンドをトレード市場に出し、市場をテストするという。

ジャクソンは昨季序盤を怪我で離脱し、復帰後は2015-16シーズンのようなパフォーマンスを見せることができなかった。

一方、ドラモンドは以前から低確率のフリースローを問題視されており、ドラモンドのフリースローが勝敗を分けることもあった。

スタン・バン・ガンディHC率いるピストンズにとって、このオフシーズンはひとつの転換期となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読