ステフィン・カリー「ウォリアーズはもっと良くなる」

【スポンサーリンク】

昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズは核となるFA選手全員の残留に成功し、かつニック・ヤングとオムリ・カスピの獲得に成功した。

ウォリアーズにとって何より大きいのは、ケビン・デュラントやアンドレ・イグダーラ、ショーン・リビングストンなど、タイトル獲得に貢献した主力選手たちが全員残留したということだろう。

ケミストリーを再構築する必要がないため、来季は開幕からファンを魅了するパフォーマンスを見せてくれるだろう。

ステフィン・カリーも、来季のウォリアーズはさらなる進化を遂げると確信しているようだ。カリーのコメントをSan Francisco Chronicleが伝えている。

「驚くようなことを成し遂げ、もっとタイトルを獲得するという素晴らしい可能性とチャンスが俺たちにはある。ケミストリーが構築されてるなら、それを終わらせるようなことはしたくない。やり直したくない。俺たちが築き上げた友情とケミストリーをアド番手時にしたいね」

「契約しなければならなかった全員と契約した。それに、オムリ・カスピとニック・ヤングという素晴らしいプレイヤーを加え、ドラフトではジョーダン・ベルを獲得した。俺たちはもっと良くなると思うよ」

「タイトルコンテンダーになるため、どのチームもロスターを動かそうとしてるよね。ファイナルに進出する前、俺たちも同じことをやってた。チームを次のレベルに引き上げるため、プレイヤーを適切に組み合わせようとしてたんだ。これほど大きな動きがあり、シャッフルされるのは、リーグにとって素晴らしいこと。それぞれのチームはもっと良くなろうと動いてるんだから」

ウェスタン・カンファレンスにはルディ・ゲイを加えたサンアントニオ・スパーズやクリス・ポールとジェイムス・ハーデン擁するヒューストン・ロケッツ、ポール・ジョージとラッセル・ウェストブルックが牽引するオクラホマシティ・サンダーなど強豪チームが揃っているが、ウォリアーズ王朝はまだまだ続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA