リック・カーライルHC「ルールの変化がスキルを向上させた」

【スポンサーリンク】

マジック・ジョンソンやマイケル・ジョーダンたちが活躍した時代と比べると、NBAのルールは大きく変わった。

それに伴い、よりアップテンポなオフェンスを展開するチームが増え、アウトサイドゲームが主流となっている。

ダラス・マーベリックスを2008年から率いているリック・カーライルHCは、ルール変更によって高いスキルを持ったプレイヤーが生まれたと感じているようだ。カーライルHCのコメントをNorman Transciptが伝えている。

「高いレベルのスキルの新時代に入ったと確信してる。私が初めてリーグに入った時、ルールが変わった。ボールを持ってないプレイヤーに対して二人でディフェンスできるし、ルール内であればゾーンディフェンスもできる」

「当時はスコアリングがどうなっていくのか危惧されたものさ。ルール変更により、ボールムーブメントが増えたと思う。ボールムーブメントを増やさなきゃいけなくなると、すべてのプレイヤーはスキルを持たないといけなくなる。シュートを打てないプレイヤーには難しくなったのさ」

「ただ、ルールが変更されたのは、プレイヤー開発の文化を根本から変えるためだった。小学校や中学校、AAUのコーチは、シュートの重要性を理解しなきゃいけなくなったんだ」

「そして変わった。時間はかかった。だけど、アウトサイドショットを決めることができない4番の選手がいるチームはどれだけある?3Pが必要だと言ってるわけじゃない。アウトサイドショットが必要なんだ。(デリック・)フェイバーズはミドルレンジショットを打てる。(タージ・)ギブソンもミドルレンジショットを打てる。彼は時々3Pも打つよね」

カーライルHCが話したように、4番のポジションのプレイヤーにはアウトサイドショットが必須となっている。

また、ここ数年で3Pを打てる5番のプレイヤーも増えてきており、この流れはしばらく続くことになるだろう。

今の子供たちが大人になった時、また新たなスタイルのバスケットボールが誕生しているかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA