キャブス カイリー・アービングのトレードでクレイ・トンプソン獲得を狙っていた?

【PR】

クリーヴランド・キャバリアーズとボストン・セルティックスの間でトレードが成立し、カイリー・アービングがセルティックスに、アイザイア・トーマスがキャブスに移籍した。

ビッグサプライズとなったこのトレードだが、キャブスは昨季王者であるゴールデンステイト・ウォリアーズにもトレード交渉を持ち掛けていたようだ。

ESPNによると、キャブスはアービングのトレードでクレイ・トンプソンを獲得するため、ウォリアーズにオファーを出していたという。

だが、すでにステフィン・カリーというリーグトップクラスのポイントガードを擁しているウォリアーズが、アービングを獲得するためにトンプソンを放出するはずがない。

キャブスからオファーをもらうとすぐに、ウォリアーズは断りの連絡を入れたようだ。

いずれにせよ、アイザイア・トーマスとジェイ・クラウダーと獲得できたのは、キャブスにとって大きかったかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】