CJ・マッコラム トレード移籍のエネス・カンターに「立ち上がり続けろ」

【スポンサーリンク】

ポートランド・トレイルブレイザーズのCj・マッコラムは、カーメロ・アンソニーをブレイザーズに勧誘し続けてきたプレイヤーのひとりだ。

だが、アンソニーはブレイザーズではなく、オクラホマシティ・サンダーへ移籍。

マッコラムの勧誘活動は成功につながらなかったわけだが、このトレードでニューヨーク・ニックスへ移籍したエネス・カンターに同情し、奮起を促したようだ。マッコラムのコメントをthescore.comが伝えている。

「カンターはOKCと組織への愛を語ったよね。それから4日後、彼はトレードされた。立ち上がり続けろ、これはビジネスだ」

ケビン・デュラントが裏アカウントを使用してサンダーの組織を批判した後、カンターはへの愛を語った。

その直後のトレードだっただけに、カンターの心境はひどく複雑なことだろう。

サンダーファンから愛されたカンター。

来季はニューヨーク・ニックスのメンバーとして、熱いパフォーマンスを見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA