【スポンサーリンク】

タイロン・ルーHC 足首捻挫のデリック・ローズは「良い状態には見えない」

オフシーズン中にクリーヴランド・キャバリアーズと1年契約を結び、アイザイア・トーマスが復帰するまで先発ポイントガードの役割が期待されているデリック・ローズ。

だが、開幕2戦目にして怪我を負ってしまった。

ローズはミルウォーキー・バックス戦第4Q、ドライブを仕掛けた際にグレッグ・モンローのハードファウルに遭い、着地時に左足首を負傷。

この怪我により、少なくとも日本時間22日のオーランド・マジック戦は欠場する見込みだ。

The Athleticによると、キャブスのタイロン・ルーHCは「良い状態には見えない」と話したという。

検査結果が待たれるところだが、仮に長期離脱となった場合、キャブスはローズとトーマスという2枚のポイントガードを欠いたまま戦わなければならない。

その間はベテランポイントガードのホセ・カルデロンが先発すると予想されるが、ルーHCは難しい采配を余儀なくされることになるだろう。

なお、今季のローズは平均27.0分のプレイで13.0得点、3.0リバウンド、1.5アシスト、1.0スティール、FG成功率44.4%、3P成功率33.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA