ケビン・デュラント「立てたのは中指じゃなくて薬指」

【PR】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーがマウスピースを投げつけて退場処分となった時、ケビン・デュラントは他のレフェリーと口論したことにより、同じく退場処分をコールされた。

コートを去る際、デュラントはメンフィス・グリズリーズのファンに対して中指を立てたのではと報じられていたが、立てたのは中指ではなく、薬指だったようだ。

デュラントはこの件について次のように説明。The Athleticが伝えている。

「俺が立てたのは薬指さ。俺のことを怒った黒人アスリートだとみんな見てる。分かってるよ。俺は中指を立てたんじゃなくて、薬指を立てたんだ」

仮に中指だった場合、デュラントにはリーグから何かしらの処分が科されたことだろう。

グリズリーズに敗れ、カリーと共にフラストレーションを募らせていたデュラントだが、その怒りをエネルギーに変え、次戦で爆発してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】