【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「第1シードのために戦ってるわけじゃない」

ウェスタン・カンファレンス首位のヒューストン・ロケッツがトロント・ラプターズに敗れたことにより、ウェスト2位のゴールデンステイト・ウォリアーズには首位奪還のチャンスが訪れたが、同日にポートランド・トレイルブレイザーズに敗れたため、順位に変動はなかった。

昨季まで圧倒的な強さを誇ったウォリアーズだからこそ、多くのファンは第1シードでのプレイオフ進出を期待していることだろう。

だが、オールスターフォワードのドレイモンド・グリーンは特に気にしていないようだ。グリーンのコメントをcbssports.comが伝えている。

「みんな、いつだって第1シードを求めるよね。分かってると思うけど、俺たちは第1シードを勝ち取るために残りのシーズンを過ごすわけじゃない。そうなればそうなる。俺たちの目標は、日々向上することさ」

ステフィン・カリー、アンドレ・イグダーラ、ジョーダン・ベルの負傷離脱というアクシデントに見舞われているものの、やはり多くのファンは第1シードでのプレイオフ進出を期待しているだろう。

だが、クリス・ポールを加えたロケッツ、若手の成長とともにチーム力が高まっているブレイザーズなど、ウェストは競争が激しくなりつつある。

今季のタイトルへの道は例年以上に厳しいものになるかもしれない。

なお、今季のロケッツとの対戦成績は1勝2敗、ブレイザーズとの対戦成績も1勝2敗と、いずれも負け越している。

ウェスト10位までのチームとウォリアーズの今季の対戦成績は以下の通りだ。

対戦チーム対戦成績残り試合数順位
ヒューストン・ロケッツ1勝2敗01
ポートランド・トレイルブレイザーズ1勝2敗03
ニューオーリンズ・ペリカンズ3勝0敗14
サンアントニオ・スパーズ3勝0敗15
ミネソタ・ティンバーウルブズ2勝0敗16
オクラホマシティ・サンダー1勝2敗17
ロサンゼルス・クリッパーズ3勝1敗08
デンバー・ナゲッツ2勝2敗09
ユタ・ジャズ1勝1敗210

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA