【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー 膝内側側副靱帯捻挫で3週間以上離脱へ

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが、少なくとも3週間は離脱することになったようだ。

ウォリアーズによると、MRI検査の結果、左膝内側側副靱帯を捻挫していることが判明し、3週間後に再検査を受ける予定だという。

足首の捻挫で離脱していたカリーは、日本時間24日のアトランタ・ホークス戦で復帰。

だが、ジャベール・マギーとの衝突で膝を痛め、途中離脱を余儀なくされていた。

プレイオフがスタートするのは日本時間4月15日。

順調に回復すればファーストラウンド中に復帰できそうだが、連覇を狙うウォリアーズにとっては大きな痛手となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA