エリック・ゴードン「クリス・ポールがいれば勝ってた」

【スポンサーリンク】

レギュラーシーズンをリーグトップの成績で通過したヒューストン・ロケッツは、カンファレンスファイナルで昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズに敗れた。

ロケッツの大きな敗因は、やはりクリス・ポールの負傷離脱だろう。

ポールはウォリアーズとのシリーズ第5戦でハムストリングを負傷し、第6戦と第7戦を欠場。

ロケッツはどちらのゲームも落とし、ファイナルに進出することはできなかった。

この結果を受け、エリック・ゴードンはポールの不在を改めて痛感したようだ。

ゴードンはカンファレンスファイナルを振り返り、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「最悪だ。もうひとりのプレイメイカーがいれば、俺たちがシリーズを制しただろうからね。クリスがいれば、彼がコートにいれば、俺たちがファイナルでプレイしてただろう。厳しいね」

ロケッツにとっては残念な結果となってしまったが、おそらくポールは来季もロケッツでプレイするだろう。

来季は万全な状態でプレイオフを戦い、リベンジを果たしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA