サーシャ・ブヤチッチ ペリカンズとサンダーのワークアウト参加へ

【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスでプレイした2016-17シーズン終了後にイタリアリーグへ移籍したベテランガード、サーシャ・ブヤチッチが、NBA復帰のチャンスを手にした模様。

RealGMによると、ブヤチッチは現地11日にニューオーリンズ・ペリカンズの、同12日にオクラホマシティ・サンダーのワークアウトに参加するという。

ブヤチッチはかねてよりNBA復帰の希望を口にしていたが、NBAチームからオファーをもらえない状況が続いていた。

どちらのチームと契約したとしても第3、もしくは第4のガードとして起用され、十分な出場時間を得られないと予想されるが、まずはワークアウトでチャンスをものにし、本番で存在感を示したいところだ。

なお、ブヤチッチはNBAキャリア10年を通してロサンゼルス・レイカーズ、ニュージャージー・ネッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ニックスでレギュラーシーズン通算581試合に出場し、平均15.3分のプレイで5.3得点、1.9リバウンド、1.3アシスト、FG成功率39.0%、3P成功率36.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA