マイケル・キッド・ギルクリスト「イージーでシンプル」

【スポンサーリンク】

キャリア7年目を迎えているシャーロット・ホーネッツのマイケル・キッド・ギルクリストは、今季からベンチメンバーとしてプレイしている。

ジェイムス・ボレゴはヘッドコーチに就任し、新たなスタートを切ったホーネッツ。

新体制の下、先発から外されたギルクリストだが、新たなシステムにフィットしていると感じているようだ。ギルクリストのコメントをcharlotteobserver.comが伝えている。

「すごく楽しい!新たしいコーチ、新しいプレイ方法、新しいライフスタイル。イージーでシンプル。トランジションで走るのが俺だ」

今季6試合を終えた時点で、ホーネッツは3勝3敗。

新たな役割を担うことになったギルクリストには、シックスマンとしてホーネッツのプレイオフ復帰に貢献してもらいたい。

なお、ギルクリストは今季6試合に出場し、平均20.8分のプレイで9.3得点、5.5リバウンド、2.0アシスト、1.8ブロックショット、FG成功率56.4%、3P成功率50.0%を記録。

キャリアを通してレギュラーシーズン通算363試合に出場し、平均26.6分のプレイで9.1得点、5.9リバウンド、1.2アシスト、0.7ブロックショット、FG成功率47.8%、3P成功率22.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA